Permissions

Permissions

ユーザーをグループ分けし、権限を設定出来るようにするプラグイン。
OP権限を渡さずに任意のコマンドを使用できるようにします。
多くのプラグインが対応しています。

Permissions 3.1.6

参考リンク:Wiki

インストール
Full ZipをDLして解答します。

Permissions-bin┬RENAME-ME─…
               ├CHANGELOG
               ├Permissions.jar
               ├PermissionsSql.jar
               └README

pluginフォルダにPermissions.jarを入れます。またpluginフォルダ直下にPermissionsというフォルダを作成します。
Permissionsフォルダの直下にRENAME-MEフォルダを入れます。

MinecraftServer─plugins┬Permissions.jar
                        └Permissions─RENAME-ME─…
                        
RENAME-MEフォルダをserver.propertiesで設定したワールドMAPと同じ名前のフォルダ名に変更します。
サーバーを起動させフルロード後、サーバーコンソロールコマンドで stop と打ち込みサーバーを停止させます。
Permissionsフォルダーの中にGLOBAL設定ファイルが作成されます。
次にワールドMAPと同じ名前のフォルダ直下にあるgroups.ymlとusers.ymlを設定します。
GLOBAL設定ファイルは現在使用されていません。

MinecraftServer─plugins┬Permissions.jar
                        |
                        └Permissions┬world1┬groups.yml
                                     |      └users.yml
                                     |
                                     ├globalGroups.yml
                                     ├globalUsers.yml
                                     └storageconfig.yml

groups.ymlの編集

RENAME-MEフォルダの中にあったgroups.ymlを編集する事で権限による使用可能コマンドを設定します。
groups:
  Admins: 
       default: false 
       info: 
           build: true 
           prefix: '' 
           suffix: '' 
       inheritance: 
           - SemiAdmin 
       permissions: 
           - '*' 
"Admins"のグループの権限を設定を例にします。

  • 一行目 "groups:"は、グループについての記述であることを示します。
  • 二行目 "Admins:"は"Admins"という名前のグループについての設定をするという意味です。このグループ名は任意です。
  • "default: false"は、グループに属さないユーザをこのグループのユーザとして扱うか否かのオプションです。ここではこのグループをAdminsとしているので、falseにしておきます。
  • "info:"では各種情報を設定する。ここにある"prefix:"や"suffix:"は標準では特に意味を持たず、iChatやHeroChat等のチャット系プラグインを導入した時に使います。
"build: false"は建築許可に関する設定です。falseにすると、ブロックの設置や採掘が不可能となります。
  • inheritance:は継承。ここではSemiAdminグループを継承してるので、Admins:グループはSemiAdminグループの設定を受け継ぎつつAdminsグループの設定が適用されます。
  • permissions:では他のプラグインの実行権限を書きます。例えばEssentialsのhomeコマンドの許可を与えたいなら
      permissions: 
           - essentials.home 
と書く。
  • "permissions:"の設定 '*' について
例えば、
      permissions: 
           - '*'
と書くと全てのコマンドの実行権限が
      permissions: 
           - essentials.*
と書くとessentialsの全てのコマンドの実行権限を付与できます。

  • "permissions:"の設定 '-' について
設定の前に-を付ける事によって実行権限を奪うことができます。
例えば、'*'の付いているグループに所属しているユーザのpermissions:に
      permissions: 
           - essentials.*
           - -essentials.home
と書くと、essentialsのhomeコマンド以外全て使えようになります。

users.ymlの設定

users:
上記のように記入しておけばサーバーに初めて入ったプレイヤーが何か動作をすれば自動でgroups.ymlでdefault: trueにしてあるグループに登録されます。
ログインして正常に登録されれば下記のようになっているはずです。
users:
  <username>:
       groups: 
           - Guest
       permissions:
users.ymlを編集してサーバーコンソロールコマンドで permissions -reload all と打ち込めばサーバーを停止させずにグループを変更できます。

またusers.ymlにおいても個別に権限などを追加することも出来ます。
users:
  <username>:
       info:
           prefix: 'SupecialGuest'
       groups: 
           - Guest
       permissions:
           - 'essentials.give'

storageconfig.ymlの設定

Permissions:
  storage:
       type: YAML
YAMLの代わりにSQLも使えるようです。
YAMLにエラーが出る場合はOnline YAML Parserでチェック出来ます。

コマンド

サーバーのコンソールに入力することで様々なことができるコマンド一覧です。
権限を持っているプレイヤーは、クライアント側でチャットメッセージの先頭に「/」を付けてコマンドを送信することも可能です。
参照リンク:Chat-Commands
コマンド 説明 Permission Node
permissions 使用しているPluginのPermissionsのバージョンを表示する node必要無し
permissions -reload server.propertiesに書かれたワールドのPermissionsの設定ファイルをリロードする permissions.reload.default
permissions -reload all Permissionsの設定ファイルを全てリロードする permissions.reload.all
pr -reload <world> 指定したワールドのPermissionsの設定ファイルをリロードする permissions.reload.<world>
pr -list worlds 全てのワールドリストを表示する permissions.list.worlds
pr -list users <world> 指定したワールドに登録されているユーザーのリストを表示する permissions.list.users
pr -list groups <world> 指定したワールドのグループ分けを種類を表示する permissions.list.groups
pr <username> create <username>をusers.ymlに追加する
(追加されるのはgroups.ymlでdefault: trueにしてあるグループ)
permissions.create
pr g:<groupname> create groups.ymlに新しいグループ<groupname>を追加する
(追加されたグループは何も設定されていない状態です)
pr <username> delete <username>をusers.ymlから削除する permissions.delete
pr g:<groupname> delete groups.ymlに登録されている<groupname>を削除する
pr <username> has <node> <username>が<node>の権限を持っているかチェックします
User/Grous has that permission.
User/Group does not have that permission.
permissions.has
pr g:<groupname> has <node> <groupname>が<node>の権限を持っているかチェックします
pr <username> perms list <username>が登録されているかチェックします
Use/Group has no non-inherited pesmissions.
Use/Group does not exist.
permissions.perms.list
pr g:<groupname> perms list <groupname>が登録されているかチェックします
pr <username> perms listall <username>の権限を全て表示します permissions.perms.listall
pr g:<groupname> perms listall <groupname>の権限を全て表示します
pr <username> perms add <node> <username>に<node>の権限を追加します
Permission adderd successfully.
permissions.perms.add
pr g:<groupname> perms add <node> <groupname>に<node>の権限を追加します
pr <username> perms remove <node> <username>に<node>の権限を削除します
Permission removed successfully.
permissions.perms.remove
pr g:<groupname> perms remove <node> <groupname>に<node>の権限を削除します
pr <username> parents list <username>の所属するグループを表示する permissions.parents.list
pr g:<groupname> parents list <groupname>がgroups.ymlでinheritance:以下の直接継承しているグループを表示する
pr <username> parents listall <username>の所属するグループを全て表示する
pr <groupname> parents listall <groupname>がgroups.ymlでinheritance:以下の継承しているグループを全て表示する
pr <username> parents add <groupname> <username>が所属する<groupname>を追加する permissions.parents.add
pr g:<groupname> parents add <groupname> g:<groupname>に継承するグループを追加する

  • 最終更新:2011-10-06 12:58:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード